カナダに到着し、すこし慣れたところで早速始まるのが仕事探し。カナダの仕事探しは、日本のそれとは違うこともしばしば。そこで、このページでは実際にワーホリをしている人が実践している3つの方法を書いてみたいと思います。

その3つの方法とは以下の通りです。

  1. フリーペーパー、情報誌の活用
  2. カナダの日本人向け情報サイト
  3. お店へ直接アプローチする

それでは早速その3つの方法について詳しく見ていきましょう。

1.フリーペーパー、情報誌を活用しよう!!

トロントを始めとする、カナダの主要な都市では日本人向けのフリー雑誌が多く発行されています。多くの語学学校や、日本食レストラン、日本人が利用する旅行会社のデスクなどに置かれています。

下に主な情報誌をまとめてみました。

バンクーバー

トロント

モントリオール

Oops

Bits Magazine

CoCo Montreal

KLIP

TORJA

 

CoCo Magazine

 

 

月刊フレイザー

 

 

各情報誌には求人欄が設けられていて、日本人向けの求人情報がたくさん載っています。また、求人欄以外にも例えば居酒屋、日本食レストランなどの広告が掲載されていますので、その中から自分の気に入ったお店をピックアップして、直接お店に問い合わせるという方法も考えられますね。

また、現時点でもある程度英語力に自身がある方は、現地のフリーペーパーの求人欄を活用してみるのも一つの手段です。Metroや24hoursがカナダ全土で人気のあるフリーペーパーです。2紙とも毎日発行されています。地下鉄やバス停などに置かれていますから、チェックしておきましょう。

2.カナダの日本人向け情報サイトを活用しよう!!

「ワーキングホリデーの準備」でも紹介をさせていただきましたが、日本人向けの情報サイトでの仕事探しもかなり有効な手段の一つです。

カナダは日本人留学生が多く、このような情報サイトがとても充実しているのも魅力の一つですね。

各情報サイトの求人掲示板には毎日多くの求人情報が掲載されています。もちろん日本からもWEBサイトの閲覧は可能ですから、出発前から仕事探しを始めておくといったことも可能です。

主な日本人向けの情報サイトを紹介しておきます。

e-Maple (URL: http://www.e-maple.net/)

言わずと知れたカナダ全土をカバーする総合情報サイトです。求人情報は掲示板に毎日掲載されています。その他にも、学校情報や旅行情報も掲載されていますので、カナダに到着してからも便利に利用できるサイトになります。

jpcanada.com (URL: http://www.jpcanada.com/)

こちらも有名な日本人向け総合情報サイトです。このサイトでも求人情報は掲示板に掲載されています。このサイトの特徴は、各種の情報を得ることができるだけではなく、他の留学生と交流を図れるような掲示板も設置されていること。直接留学生に体験談を聞いてみたり、友達を作ったりすることができます。

Bits LOUNGE (URL: http://www.bitslounge.com/)

トロントにお住いの方にはこちらのサイトもおすすめです。このサイトはフリーペーパー「Bits Magazine」が運営する情報サイト。こちらも求人広告は掲示板での掲載となっています。

「Bits Magazine」に過去に掲載されたレストランの情報なども見れますから、トロントに行く予定であればぜひブックマークをしておきたいところですね。

3.お店に直接アプローチしてみよう!

カナダの街を歩いていると、時折「We are now hiring!」と書かれた求人広告を見かけることがあります。そういったお店に直接アプローチをすると言うのが、カナダ人が仕事を探すときに通常おこなっている方法。

またチラシがないお店でも、尋ねてみると求人をしていたというお店も意外にあるそうです。たとえば、自宅の近くにすごくいい雰囲気のカフェがあって、「どうしてもそこで働いてみたい!」ということであれば、この方法が一番です。

またその時には採用に結びつかなくても、「求人が出れば連絡をしてください!」と言っておくことで、実際にポジションに空きが出来たときに連絡が来た、といったエピソードも聞くことがあります。

この方法で仕事を探す場合には次の3点に注意しましょう。

① 身だしなみを整える

② 店の混雑している時間帯は避ける

③ できるだけ電話をしてから訪問をする

よくこちらの仕事探しでは、レジュメを手渡しするときの第一印象がなによりも大事だと言われます。この3つを守っておけば、良い第一印象をあたえて希望のお店で働く可能性を高められるでしょう。

また、カナダではレジュメを渡し、「また後ほど連絡をしますね。」と言われても、連絡が待てど暮らせどこない!ということはよくあることです。そういう時にはあまり深く考えず、どんどん次のお店にアプローチをしていきましょう。

ただ待っているだけでは貴重な時間が無駄になってしまいますからね。以上紹介した3つの方法を試して、ぜひ希望の仕事をゲットしましょう!