留学先を決める時、生活しやすい環境かどうか!これはとっても大切なポイントです。

初めての長期の海外となると、「治安のよさ」はぜひとも考慮したいところです。

カナダは治安が良い国として有名ですが、ビクトリアはその中でも断トツに治安のいい場所です。

とは言え、やはりそこは「海外」です。

日本の治安に対する心構えや常識では通用しないことも多々あります。

ビクトリアの犯罪状況や気をつけるべきことなど役に立つ情報を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

  1. カナダの治安
  2. カナダ人の国民性
  3. カナダの犯罪発生率
  4. カナダでのトラブル回避
  5. ビクトリアの治安
  6. ビクトリアの犯罪発生率

1.カナダの治安

都市通り

ビクトリアの治安についてご紹介する前に、カナダ全体の治安についてお話していきたいと思います。

イギリスの経済平和研究所が考えた世界平和度指数から算出した平和な国ランキングでは、カナダは7位、日本は8位でした。

カナダが7位にランク付けされる理由は、生活レベルにおいて最高レベルの国の1つであり、豊かな経済と他文化への寛容さ、移民者を多く受け入れていること、さらに雇用量の多さも評価されています。

2016年5月に行われた伊勢志摩サミットに参加されていたカナダの首相ジャスティン・トルドーの父、ピエール・トルドー首相が在任時に「多文化主義宣言」を行いました。

公用語を英語とフランス語の2か国語に設定し、多文化国家を作り上げたのです。

これに伴い、国民間でお互いを尊重し合い、差別を嫌う基礎ができました。

また、軍事紛争などとも縁がなく、低い軍事費を維持しています。

また、イギリスの新聞「エコノミスト」の治安の良い国&都市ランキングの最新版(2015年度版)では、カナダで最も人口の多いトロントが8位にランクインしました。

ちなみに1位は東京、3位は大阪です。

さらに、カナダの主要都市であるトロント、モントリオール、カルガリー、バンクーバー、オタワは、さまざまな調査機関においても、世界の住みやすい都市ランキングの常連都市でもあり、その背景からも治安の良さを伺うことができます。

このように、カナダは日本と比較しても、ひけを取らないほど治安の良い国です。

2.カナダ人の国民性

カナダ国旗

カナダの治安のよさを担う、もう1つの要素があります。

それは、カナダ人の国民性です。

カナダ人の国民性は一般的にフレンドリーで礼儀正しくもあり、とても穏やかな人が多いと言われています。

多種多様な民族や人種が暮らすカナダの人々は非常にオープンであり、人との協調や和を大切にします。

そのような国民性が治安のよさや住みたい国としての人気に繋がっています。

物事を断るときも他の国の人は嫌なら嫌とハッキリ断るのに対し、カナダは日本のように曖昧な表現を使って断ることがあります。

その辺の性格は日本と共通するところがあり、留学したい国として選ばれるところかもしれません。

移民や留学生も快く受け入れてくれる人々が多いので、とても留学に適しており、人気のある国ですので、安心して留学生活を送ることができます。

3.カナダの犯罪発生率

パレードで行進しているカナダの馬警察

カナダは治安がよく安全な国だとご紹介しました。

近隣諸国で銃犯罪があったとしても、カナダは常に一定の治安が保たれており、留学には最適な国です。

しかし、いくら治安がいいといっても、地元の人たちでも近寄らないような場所もあります。

トラブルや犯罪に巻き込まれてしまわないよう、どの都市でも心がけるべきことがあります。

ここでは、どのような犯罪が起こっているのか、説明していきたいと思います。

カナダの犯罪発生率は、日本に比べると3.8倍になります。

とは言え、厳しく銃規制がされているため、凶悪犯罪の類は多くなく、ほとんどがスリや置き引き、ひったくりです。

主に狙われるのは、多額の現金を持ち歩いている可能性の高い観光客ですが、日本人だと言うだけで、留学生も狙われやすい状況に変わりはありません。

意外にもカナダは他国と違い強引なモノ売りや物乞いなどによる被害はほとんど聞かれません。

その点でも治安が良いと言われる所以です。

その一方で、カナダの都会では問題のない場所がほとんどですが、立ち入ってはいけないエリアもあります。

一本道を挟むと大きく雰囲気が違うといった場所もありますので、そういった場所には絶対に近付かないといった意識が大切です。

カナダは比較的凶悪犯罪が少ないのですが、エリアによっては凶悪犯罪の多い地域もありますので、危険なエリアには近付かず、人気のない場所や、夜の一人歩きは絶対にやめましょう。

きちんと自己管理できていれば先進国の中ではカナダは留学にとても適していて、治安も良く暮らしやすい国です。

4.カナダでのトラブル回避

トロントの警察

カナダの治安が良いといっても危機感を忘れてはいけません。

ここでは、カナダで生活するための注意点をお話したいと思います。

カナダでの犯罪はスリ、ひったくり、置き引きが多いと前章で説明しました。

そのため、公共の場で財布を開く行為や、お金を見せる行為などは、行わないようにしましょう。

スリやひったくりは、どこで見ているか分かりません。

お金があることが分かると、ターゲットにされてしまいます。

また、日本ではよくある光景ですが、スタバやマックなどのファーストフード店やカフェなどで、座席を確保しようと上着や荷物をテーブルや椅子の上に置いて、席を離れることは止めましょう。

どんなに注意深く座席の方向をチェックしていても、お会計の際や商品を受け取る際の、 ほんの一瞬の隙をついて盗まれてしまう事があります。

同様に女性が椅子に座り、自分の身体の後ろにバッグを置いたり、ジッパーのないおしゃれなバッグに財布を入れたまま足元に置いていたりすると、いつの間にかなくなっていた、ということが多々あります。

財布をズボンの後ろポケットに入れる日本人男性も珍しくありません。

しかし、海外ではそういった「無警戒」な見た目は一気に狙われやすくなります。

常に防犯意識を持ち、鞄や荷物は体から離さず持ち歩き、他人に声を掛けられても安易に信用しないでください。

これらは、カナダに限らず、海外で生活する際には必要なことですね。

充実したカナダ留学を実現するためにも、防犯意識を常に持ちトラブルに巻き込まれないよう注意してください。

5.ビクトリアの治安

ビクトリアのインナーハーバー

前置きが長くなりましたが、ビクトリアの治安について説明していきたいと思います。

ビクトリアはさほど大きくない街ですが、昔から語学留学の地として根強い人気を誇ってきました。

その一番の理由はビクトリアが「雰囲気が落ち着いていて美しい街」だからです。

バンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州の州都で、そのほとんどが豊かな自然にカバーされている緑溢れる場所です。

イギリスの影響を強く受けているため、街中に多くの庭園や公園を持っており、「ガーデンシティ」という愛称を持っているほどです。

英国調の格調高い建物が多く存在しており、カナダの人々が「定年退職したらビクトリアに住みたい」というほど愛されている街です。

カナダは治安が良い国として有名であることを説明してきましたが、ビクトリアはカナダの中
でも凶悪事件など滅多におきない非常に安全な街です。

前述しましたようにリタイアしたお年寄りが住みたい街でもあり、治安がよいことで有名です。

住民の多くはリタイアした50代以降の方で、誰に対しても大変優しい応対をしてくれます。

見知らぬ人に対しても、とても親切でフレンドリーに接してくれる傾向が強いです。

また、ビクトリアでホームステイをすると、ホームステイ先はかなりの割合で地元のカナダ人であることが多く、日本に興味がある老夫婦の家庭にあたると、とても親切に振舞ってもらえることがよくあります。

その点でもホストファミリーのクオリティーは他のエリアよりも高いと言えると思います。

もちろんホームステイでもゆっくりと話してくれますし、ゆとりのある生活を送っている人たちが多いので設備も充実しています。

ビクトリアは、西海岸の自然豊かで、風光明媚な街のため、バンクーバーやトロントなどの都市部よりもより落ち着いた環境に身を置きたい方にはぴったりの街です。

6.ビクトリアの犯罪

ビクトリアの議会

ビクトリアでもカナダ全体の犯罪と同様に、凶悪犯罪の類ではなく、ほとんどが空き巣、置き引き、盗難事件などです。

空港、駅、ホテル・ロビー、レストラン、ショッピングセンターなど、人が集まるところでは、貴重品を身の回りから離さないこと、見知らぬ人から話しかけられた時には特に注意すること(話しをしている間に、別の者が持ち物を盗む被害も出ています。)、自動車を止めるときには人目のある駐車場を選び、車内に何も残さないことなどの注意が必要です。

また、警察によれば、泥棒が住居に侵入する場合には、裏通りや隣家から目につかないような裏口から侵入することが多いので、裏口のドアの戸締まりには特に気をつける必要があります。

その他には、女性に英語を教えてあげると言って声をかけ、連れていくといった事件もありました。

知らない人に声をかけられても簡単についていかないようにして下さい。

いくら安全な街でも、楽しく安全に留学生活を送るには、注意するに越したことはありません。

まとめ

このようにビクトリアはとっても平和で住みやすい街です。

人々の穏やかで優しい雰囲気がビクトリアの魅力の1つに繋がり、世界中から移住者や観光客が訪れています。

スリや置き引き等の軽犯罪に気をつけていれば、とても住みやすく安全な街です。

トラブルに巻き込まれないように注意をして楽しい留学生活にして下さい。