トロント内の移動に欠かせないTTCについて

初めての知らない土地での交通機関を使った移動はとても緊張するものだと思います。ですので、ここではトロントの交通機関TTCについて詳しくお伝えします!!

トロントの生活の中で、TTCを利用せずに暮らすのは不可能に近いです。

しかし、トロント市内の交通機関はTTCのみとなるので利用方法を覚えてしまうとトロント中どこでも簡単に移動することができます。通学にもショッピングにも必ず利用すると思うので、トロントへ渡航前に少しでもTTCのことを知ってみてください。

トロントの交通機関、TTCとは??

TTCとは、Toronto Transit Commission の略で、トロント市内を走る地下鉄、ストリートカー(路面電車)、バスのサービスを提供しています。

TTCマップ、東京や大阪よりもずっと簡単?

トロントの地下鉄やストリートカー、バスの運行マップはとても簡単です。特に地下鉄やストリートカーは真っすぐ一直線に走っているものが多く、乗り換えなどで迷うことも少ないです。

一番よく使用する地下鉄ですが、イエロー、グリーン、パープル、ブルーの4つのラインがあります。地下鉄の駅はそんなに多くはありません。語学学校やエージェント、大きなショッピングセンターや飲食店が多く集まるところはだいたいイエローかグリーンのライン内にあります。

ストリートカーは主に地下鉄のグリーンラインより南のダウンタウンを中心に走っています。

スケジュールや路線図は、TTCのウェブサイトに載っているので詳しくはそちらをご参照ください。

料金、チケット、パスについて

TTCを利用するには、①現金 ②トークン ③デイパス ④ウィークリーパス ⑤メトロパス のいずれかが必要になります。

まず①の現金での乗車料金は距離に関係なく、一律$3.25。どんなに遠くても近くても同じ料金で、片道であれば、トランスファーチケットをもらいTTC内で乗り換えをすることができます。バスやストリートカーで直接支払う場合はお釣りがでないので、$3.25用意して乗車してください。

次に②のトークンは、主に地下鉄の駅やスーパーマーケットなどで購入することができる、小さいコイン型の乗車チケットです。地下鉄の駅では、自動販売機か窓口で購入可能で、まとめての購入になるので現金での乗車より少し安く乗車することができます。現金での乗車と同じく一枚で片道であればTTC内のどこでも移動、乗り換えが可能です。料金は、$2.9/1トークンです。3トークン以上の購入が必要になります。

③のデイパスは1日限りで何度でも乗車できるパスで、料金は一人当たり$12。土曜日、日曜日、祝日に限り大人2人で1枚を使用することができるお得なパスなので、家族や友人が旅行に来た際などにおすすめです!デイパスを見せるとこで、1日中すべてのTTCサービスを利用できます。地下鉄の窓口で購入が可能です。

④のウィークリーパスは、毎週月曜日から日曜日の1週間用に販売されるパスで、デイパスと同じくすべてのTTCサービスを一週間利用することができます。料金は一週間 $42.25で少し高めですが、月の途中にトロントへ来た人や、月の途中で日本へ帰る人などにおすすめです。地下鉄の窓口か自動販売機で購入が可能です。

そして最後に⑤のメトロパス(マンスリーパス)ですが、月の1日から最終日までTTCのすべてのサービスが乗り放題になるパスで、料金は$141.50。購入したときから1か月ではなく、月の1日から1か月間となります。多くの人がこのパスを購入しており、トロントの生活においては欠かせないパスといえます。このパスも地下鉄の窓口や自動販売機にて前月の24日から購入可能で、月末や月始は窓口が混雑し列ができることがあるので要注意です!

TTCメトロパスを安く買う方法!!

TTCメトロパスを安く購入する方法をいくつか紹介します。

まずは、留学エージェントからVIPパスという割引のメトロパスを購入する方法です。どの留学エージェントさんも、まずはエージェントを利用している顧客さんを優先に販売を行っているようですが、残りがあればエージェントを利用していない人にも販売しています。約$15~20引きで前月から予約販売を行っているので、日系のサイト(e-maple)やエージェントさんのホームページをこまめにチェックすることをおすすめします。

次に、e-mapleなどで誰かからメトロパスを購入する方法です。月の途中でメトロパスがいらなくなった人がディスカウント価格でクラシファイドで購入者を探している場合がよくあるので、こちらもチェックしてみてください。

また、ポストセカンダリーメトロパスという、学生用のメトロパスも存在します。1か月$112とアダルトのパスに比べると格安です。このパスは、基本的にはトロント市内にある政府公認のカレッジやユニバーシティーにフルタイムで通う生徒用のものなのですが、いくつかの語学学校の生徒も購入できる場合があるようです。詳しくは通ってる学校に尋ねてみてください。このパスの購入や使用にはIDカードを発行する必要があります。

メトロパス、買う?買わない?

メトロパスは通常価格で約$140、エージェントで購入したとしても約130ドルと毎月大きな出費だと思います。

持っていればいろいろなところに行く際に便利で行動の幅も広がりますが、家と学校、職場などが歩いて行ける距離で毎日TTCを使わない場合は、トークンをまとめ買いする方法もあると思います。

毎月何回TTCに乗るかを計算し、メトロパスが必要な場合は購入したほうがいいかもしれません。

TTCの運行時間は?

まず地下鉄の運行時間ですが、月曜日から土曜日は6:30am、日曜日は8amから翌日の1:30amまでです。ラッシュ時は2、3分、それ以外の時もだいたい5分から10分間隔で電車が到着します。

次にバスは、月曜日から土曜日は6am、日曜日は9amから1amまで、またストリートカーは毎日24時間運行しています。地下鉄の運行が終了後の深夜でも、主要なストリートであればブルーナイトルートというバスが運行しています。

TTCの遅れや代行

海外の交通機関はよく遅れるなどという話はよく聞きますが、トロントも例外ではありません。特に、冬の雪が降る時期になると、ストリートカーやバスの遅れはよくあることです。寒い中、場所によっては30分以上バスが来ないといったこともたまにあります。ですので、雪の時やバスやストリートカーが来ないときでも、移動が便利な地下鉄の駅が利用できる場所に住むことをおすすめします!

地下鉄の近所であっても、週末になると工事やメンテナンスなどで地下鉄のある一定の区間が閉まってしまうことがあります。代行のバスが運行しますが時間が余計にかかってしまいます。トロントではよくあることなのですが、交通機関を使用したときに思っていたよりも時間がかかってしまうことがあります。

TTCでピアソン空港まで行こう!

TTCのパスやトークンを使用して、トロントピアソン空港まで行くことができます。タクシーやUP EXPRESSという直通電車を利用するより時間はかかってしまいますが、メトロパスを持っていれば追加料金なしで行くことができます。

まずは、グリーンラインの一番西にあるKipling駅まで行きます。そこから直通の192番のエアポートロケットというバスに乗り20分ほどで到着します。ダウンタウンからの所要時間は1時間から1時間半ほどです。

メトロパス料金はタックスリターンで返ってくる??

タックスリターンとは、カナダに一定期間以上(約半年)滞在した人が行う確定申告です。収入によっては、メトロパスの料金として支払った金額の一部が返ってくることがあるので、使用後もパスの保管をおすすめします。

タックスリターンを行わない場合でも、使用済みのメトロパスをタックスリターンを行う人にe-mapleなどで売却することができますので、保管しておくのがよいかと思います。

まとめ

料金のシステムや路面図もとてもシンプルで簡単なものだと思います。

最初は迷ったり、わからなかったりすることもあるかもしれませんが、すぐに慣れると思います。TTCを駆使していろんなところへ出かけてみてください!