• HOME
  • 無料サポート内容
  • ワーホリQ&A
  • 留学Q&A
  • 渡航前の準備
  • 留学費用算出
  • 無料カウンセリング

女子必見!!カナダのファッションで気をつけたいこと

さてカナダに初めて降り立ったあなた。外に出て街を歩いてみたいと思いますが、ここで気になるのがどんな服装で出かけたらいいかということではないでしょうか。カナダ現地在住の女性スタッフが記事を書きました。

「カナダ人の女の人ってどんな格好して歩いているの?」
「日本にいる時と同じような服装をしているとおかしい?」

と、いろいろと考えて不安になってしまうしまうかもしれません。

ここでは、カナダ人女性のファッション、日本とカナダの流行りの違い、そして、日本ではごく普通の格好だけれども、カナダではあまり好ましくないものなどをご紹介します。

セクシーなの?キュートなの?

まず、基本的な考え方としては日本とカナダで女性のファッションに大きな違いはありません。カナダにもH&M, Forever 21, ZARA、ARDENなどがあり若い女性の間では人気です。

トロントでは無印良品でちょっとした服を買うこともできますし、最近ではユニクロがトロントに第1号店をオープンすることが発表されました。あまり奇抜すぎるものでなければ、日本から持ってきた服をそのまま着て特に問題ないと言えるでしょう。

ただ、日本では、体型を隠してレースやフリルなどをあしらった『かわいい』ファッションが定番ですが、カナダではシンプルなデザインで、体のラインがわかるような『かっこいい』ファッションを多く見かけます。特に夏になると女子たちは露出が高くなって、お腹が出ていたりお尻が見えそうなホットパンツを履いているのをよく見かけますし、冬は逆に、防寒第一のとても地味な格好になります。日本のようなドレスコートを着ている女性はほとんど見かけません。

これを『ダサい』ととるか『シンプルでかっこいい』ととるかは人それぞれだと思いますが、カナダのファッションに染まりたい!と思うのであればそういった路線を目指せばいいですし、逆に日本の『かわいい』ファッションをそのまま持ち込んで、『人と違う自分』を楽しむのもいいと思います。

バーベキューでドレスはNG!? TPOに合わせた服装を

何年か前の話になりますが、日本人の女の子がカナディアンの友人のバーベキューパーティーに呼ばれたそうです。その子は花柄のサマーワンピースを着て行ったそうなのですが、後で友人に、「こういう場ではもっと動きやすい格好で来た方がいいよ。」と言われたそうです。

日本では特に問題ないと思うのですが、バーベキューのようなカジュアルな場でワンピースだと、「お姫様ぶってる」と思われてしまうことがあるそうで、普段はファッションに特にこだわりのないカナダ人でも、TPOに合わせた服装ということに関しては急に厳しくなる傾向があるようです。

筆者も、オフィスビルが立ち並ぶ金融街を、平日の昼間にジーンズとスニーカーで歩いている時はなんとなく場違いな気になりますし(でも歩きます)、ナイトクラブやお洒落なパブなどに夜出かけると、何かのパーティーかと思うくらいセクシーなドレスに身を包んだ女性たちを横目に、「ちょっと地味だったかな」と思うこともしばしばあります(でも気にせず飲みます)。

特にカナダ人の友人とディナーに行く時などは、そのレストランがどういう雰囲気なのかを事前にネットで検索して服装を決めます。学生がよく行くようなパブなどならば普段着でもいいのですが、コースで料理をいただくレストランだったりすると、スニーカーで行ってしまうとなんとなく後ろめたい気分になってしまうことも。その場に合った服装というのは常に心に留めておきましょう。

なので、日本から持ってくる場合は、普段着用の服の他に、フォーマルな場でも着れるような少し綺麗めな服、あとはパーティーなどで着れるような少しセクシーな服があるとどんなシチュエーションもだいたい乗り切れるのではないでしょうか。こちらで買うことももちろんできますが、自分の体に合ったサイズを見つけるのがなかなか大変だったりするので、日本で用意できるようならばそちらの方がいいでしょう。

目のやり場に困る!?レギンス一枚履き!!

カナダ人のファッションで、日本人が最も受けれ入れ難く、しかし最もよく見かけるであろうものがこれでではないでしょうか。

カナダでは健康のためにヨガやジムに通ったり、ジョギングをしたりする女性が多いので、スポーツウエアとしてのレギンスがとてもポピュラーに着られています。なので、一歩外に出れば、レギンスにタンクトップとスニーカーでジョギングをしている女性や、これからヨガに行くであろうヨガマットを持った女性、スポーツジム帰りかと思われる女性、はたまたただの普段着として着ているであろう女性などたくさん、本当にたくさん見かけます。

筆者は初めてこれを見たとき思わずそのヒップを凝視してしいました(下手をしたら犯罪じゃないだろうか…)。

最初、どうしてもそのくっきりとしたお尻のラインに慣れることができなく、レギンスを履くときは日本のようにスカートにあわせていたのですが、なんとカナダでこれをやっている人は私が見る限り一人もいません(!)彼女たちにしてみればズボンの上にスカートを履いているかのような感覚なのでしょうか。

私も最初こそ気にせず重ね履きをしていたものの、あまりに自分しかその格好をしないので、スカート+レギンスの組み合わせはだんだんしなくなりました。

そうして数年経った今、ようやく少しずつ受け入れることができ、先日ついにレギンス一枚履きデビューを飾ったのです。それでもお尻のあたりがなんとなく落ち着かないので、長めのトレーナーを着たりシャツを腰に巻いたりして隠していますが…。

なのでもしあなたがカナダに来て初めてこの服装の女性を見たときは、それがカナダでは普通ですので、
「ああ、こういうものなんだ。」 くらいに思っておきましょう。

これってヘン!?カナダですると浮いちゃうファッション

さて、ここでは、筆者が思う、日本では普通だけれどカナダでするとちょっと微妙かも!?というファッションをいくつか紹介します。

マスク

日本では風邪の予防、咳をするときに他人にかけないため、すっぴん隠しなど様々な理由によりマスクは日常必須アイテムですよね。お店に行くとレジの人がマスクをしていたり、病院では受付のお姉さんがみんなマスクだったりと、わりと当たり前の光景ですが、これはカナダではゼロと言っていいほど見かけません。

マスクをして人に会うということは、相当珍しいシチュエーションのようです。というのも、人がマスクをしている光景というのは、カナダ人にしてみると、
「何か重篤な病気を抱えているのではないか。」
と思ってしまわせるもののようです。

筆者も以前、風邪か何かでマスクをして外に出たことがあったのですが、地下鉄では見事に誰も隣に座らなかったという経験があります。びっくりしたような顔でみんな見てくるので、外ではマスクはしないほうがいいでしょう。

日傘・アームカバー

これもカナダではほとんど見かけません。基本的にカナダ人は日光が好きなので、日光を避けるためのこれらのアイテムは理解されにくいようです。

日傘はまだ『パラソル』と言われて、公園やビーチなどで座ったり寝転んだりするときに使われることがあるので、傘屋さんで買うことができるのですが、アームカバーなどは、存在自体がほとんど知られていないようで、洋服屋さんに行っても売っているところはほとんど見かけることはありません。日本人特有の、
「日焼けをしたくない」
という意識から生まれた、日本特有のアイテムと言ってもいいのではないでしょうか。

筆者はそれでも日焼けをしたくなかったので、真夏に、ノースリーブのワンピースを着て、腕に日本から持ってきたアームカバーをつけて歩いていたら、道端の人にジロジロ見られた挙句、

「ねえ、君、寒いの?」
と聞かれました(笑)。

他人の視線が気になるような人は、これも避けたほうが余計な注目を浴びずに済むかもしれません…。

シュシュ(?)

これも日本では定番アイテムなのですが、やはりカナダ女子の間では見かけることはまずありません。理由は定かではないのですが、昔、『Sex And The City』 というドラマの中で、
「ニューヨーク出身の女性でシュシュを使っている人なんていないわよ!」
と主人公が言っていたのがもしかしたら当てはまるのかなと思います。要するに、『ダサい』ということですね。

シュシュはお風呂場で使うものというイメージがあるらしいです。まあカナダで売っているシュシュは、日本と比べてデザインも微妙でゴムの伸びもあまり良くないので、少し安っぽく見えてしまう感じは確かにあります。
でも筆者はシュシュ大好きなので、日本から何点か持ち込んで外でも使っています。

今の所ジロジロ見られたり何か言われたとかそういうことはないです(気づいてないだけ!?)が、これも、あまり人と違うことをしたくないという方は、普通の黒ゴムなどで髪をまとめた方が、無難といえば無難かもしれません。

スエット

カナダでも、ティーンエイジャーと思われる若者がスエットに、夏はサンダル、冬はムートンブーツで歩いているところなどを時々見かけます。これは日本でもほぼ同じだと思いますが、スエットを履いて街を歩いていると、やはりどこかだらしない印象を周りに与えてしまうようです。

その証拠に、ある程度の年齢以上の大人で、スエットを履いて街を歩いている人は見かけませんし、私のカナダ人の友人はちょっとしたスーパーに行く時などでも、ジーパンに履き替えてから行きます。

カナダでも部屋着の印象が強いスエットは、外出する時は避けたほうが無難といえるでしょう。

すっぴん

レギンスの件で触れたような、スポーツをしに行く女性は、街をすっぴんで歩いていることもしばしばあります。カナダではナチュラル志向が流行っていたりするので、すっぴんにスポーツウエアで歩いていても特に変ということはありません。

むしろホットヨガなどは汗でメイクが流れてしまいますし、すっぴんで行くのが普通だったりするのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。

ですがこれもTPO、レストランに行く時や高めのブティックでショッピングをするときなどは、最低限の化粧はしていきましょう。どこでもノーメイクだと、大人の女性として扱ってもらえないこともあるかもしれません。

そして余談ですが、カナダは日本と比べて日差しがかなり強いので、たとえすっぴんで外に出るときでも、肌を守るために日焼け止めだけは必ず塗るようにしましょう。

おわりに

カナダでの女性のファッション、参考になったでしょうか?私がカナダに来て感じることは、日本にいた時と比べて、あまり年齢を気にせずに好きな格好ができるということです。

せっかくの海外なので、日本と違った流行を取り入れて、新しい世界、新しい自分を楽しみましょう!

留学成功のための最初のステップ カナダ留学成功ガイドブックをGET
  • セミナーに参加する
  • カウンセリングを受ける
PAGETOP