• HOME
  • 無料サポート内容
  • ワーホリQ&A
  • 留学Q&A
  • 渡航前の準備
  • 留学費用算出
  • 無料カウンセリング

ワーホリ生活に必要なものをそろえるガイド

カナダ留学専門センターTOPワーホリ生活に必要なものをそろえるガイド

カナダでの生活が始まり、生活に必要な日用品や食料を購入したいけれどもどこで何を購入すればいいのかわからないということがあると思います。そんな人のために、ここでは日常生活に必要なものをそろえるためのお店や手段をいくつか紹介したいと思います。

食料品を購入する

まず最初に、カナダで有名なスーパーマーケットをいくつか紹介します。カナダにはいろいろなチェーンのスーパーマーケットが存在します。ですので、買い物の目的に合わせてスーパーを選ぶことができます。

No Frills

トロントで創業されたお得な値段で食料品や日用品が購入できるスーパーマーケットで、カナダ全土に店舗があります。大型のスーパーマーケットの中では、一番安く品物を購入できるので、節約志向の方にお勧めのスーパーです。余分なものを提供しない代わりに安い値段で商品を提供するというコンセプトを持っています。

No Frillsの自社ブランドである、No Nameという黄色いパッケージの商品は、特に安くで購入することができます。食料品以外にも日用品の定価が安いことも多く、セールも頻繁に行うため、トイレットペーパーや洗剤などの日用品の購入もおすすめです。

Loblaws

こちらもトロントで創業され、カナダ全国に店舗を構える カナダ最大のスーパーマーケットです。No Frills の系列店であることから、No Name ブランドなど安い商品もすることができるが、比較的値段設定は高めで、少し高級志向です。

みなさんがよくイメージする北米のスーパーという感じで、どの店舗も大きく、店内もおしゃれな内装です。オーガニック食品からお手頃な自社ブランド商品、店内で焼き上げるベーカリーやお惣菜売り場など、とても品揃えが豊富です。

Metro

モントリオールで創業され、現在オンタリオ州とケベック州に店舗を拡大しているスーパーマーケットです。24時間営業している店舗が多くあり、とても便利なスーパーマーケットです。商品管理が行き届いており、特に精肉では、新鮮なものを購入することが可能です。トロント内では、ダウンタウンの地下鉄の駅の近くなど、便利なロケーションにあることが多いです。

アジア系の食料品を購入する

日本食が食べたいが、上記のカナダのローカル系のスーパーマーケットではなかなか日本の食材を手に入れることが難しいことがあります。カナダには、アジア系の移民が多いこともあり、たくさんのアジア系(特に東アジア系)のスーパーマーケットが存在します。ここでは、どのようにアジア系の食品の購入するかの方法を紹介します。

大統華 T&T

BC州で創業した、台湾系のスーパーマーケットで、現地のスーパーでは取り扱いの少ない新鮮な魚介類やお肉などを取り扱っています。T&Tの自社ブランド商品も販売しています。中華系の商品だけではなく、日本や韓国系の調味料やお菓子、菓子パンやお寿司、中華系のお惣菜など、幅広い商品を購入することが可能です。日本食が恋しくなったときはぜひ足を運んでみてください。

チャイナタウン

トロントにもバンクーバーにも、チャイナタウンがあります。チャイナタウンのスーパーは、値段が格段に安く、ローカルのスーパーでは見つけられないようなアジア系の食品が安値で手に入ることがよくあります。中華系の調味料もすごく充実しています。安さ故に、品質が悪いことがしばしばあるので、品質をよく確認して購入してみてください。

日用品を購入する

カナダのドラッグストアでは、日本のドラッグストア同様に薬や洗剤、ティッシュなどの日用品を販売しています。水やジュース、お菓子なども販売していることも多いです。ここでは、カナダで有名なドラッグストア2件を紹介します。

Shoppers Drug Mart

カナダの街中のいたるところで見かけるカナダ最大手のドラッグストアです。24時間の店舗もいくつかあり、病気やケガなどの非常時にも駆け込むことができます。処方箋、薬、日用品、化粧品、食料品など商品がすごく充実しています。セール時には大幅に値段が下がることが多く、特にトイレットペーパーやシャンプー、洗剤などの値下がりが大きいため、セール中に日用品を購入することをお勧めします。また、郵便局が併設されていることも多いです。

Rexall

Shoppers Drug Martほどではないですが、こちらのドラッグストアも街でよく見かけるチェーンストアです。取り扱いの商品は、基本的にはShoppers Drug Martと同じことが多いです。

何かと便利な$1ショップ

日本の100円ショップと同じように、カナダにもDollarama(ドララマ)という$1ドルショップが存在します。

日本の100円ショップほどクオリティーは高くありませんが、文房具やキッチン用品、ハローウィンやクリスマスなどのイベント系の商品などを安く購入することができます。

携帯電話/スマートフォンを購入/レンタルする

生活するうえでの必需品、携帯電話orスマートフォンを手に入れる方法を紹介します。ワーホリ中の人は、購入するかレンタルするかのどちらかになります。日本で使用したスマフォは、機内モードにし、Wi−Fi環境でインターネットを使用することが可能です。そのスマフォがSIMフリーであれば、カナダでSIMを購入しそのまま使用することができます。

カナダで携帯電話を購入or レンタルする場合、直接、街にある携帯電話屋さん(FIDOやBELL)に行くか、ワーホリや留学生向けに携帯電話の販売やレンタルを行っているエージェントに行くことになります。以下に携帯電話を購入、レンタルできるエージェントを紹介します。

Phone Box

バンクーバー、カルガリー、トロントなどに店舗を構えるエージェントで、日本語でのサポートを受けることができます。一番安いプランで月35ドルからのものもあるようです。また、携帯やスマフォの機種の貸し出しも行っています。

インターネット上のクラシファイドを利用する

スーパマーケットやドラッグストアでの買い物以外で、セカンドハンドのものでよい場合や、カナダでは手に入りづらいものなどを購入する場合、インターネットの掲示板等のクラシファイドを利用する場合もあります。

例えば、日系の掲示板 "e-maple"では、不要になった日本の化粧品やたばこ、参考書、日本の食料などが売られていることがよくあります。

また、カナダのローカルの人もよく利用しているkijijiという掲示板にもクラシファイドがあるので、このような掲示板を利用するのもいいと思います。

まとめ

以上、食料品や日用品、携帯電話などカナダでの生活の必需品をそろえるための方法を紹介しました。日本とは違う、知らない土地での初めての生活でストレスを感じることが多いかもしれませんが、ある程度の必要なものはなんでもそろってしまうのがカナダでの生活です。

インターネット上で、各々のスーパーやドラッグストアの広告やチラシを閲覧することが可能ですので、セール品など頻繁にチェックしてみてください。せっかくの機会なので、さまざまなスーパーマーケットを回ってみるなどしてカナダの生活を楽しんでください!

留学成功のための最初のステップ カナダ留学成功ガイドブックをGET
  • セミナーに参加する
  • カウンセリングを受ける
PAGETOP